2007年 02月 25日

■ 華麗なる一族のあらすじとネタバレ

関連検索ワード華麗なる一族 あらすじ, 華麗なる一族 モデル, 華麗なる一族 ネタバレ, 華麗なる一族 視聴率
d0112155_19113054.jpg


木村拓也主演の「華麗なる一族」が初回視聴率27.7%で好発進
14日にスタートした「華麗なる一族」(日曜後9・0)の初回視聴率が27.
7%を記録したことが分かった。

華麗なる一族の初回数字は今期1月クールではダントツ木村拓也もほっとした。
関西地区では30.5% となり、出れば高数字を出す木村拓也にまたひとつ
勲章が加わった。

そして、ここから華麗なる一族のネタバレです

華麗なる一族で木村拓也は自殺します。華麗なる一族
のオープニングからもわかるように。
ちなみに、

木村拓也あの長い銃で自殺します。

華麗なる○族の結末

そうなるまでの華麗なる一族のネタバレを書きます。

大介(北大路)は木村拓也を自分の子じゃないと思っていて
恨んでいるのはご存知ですよね。
で、木村拓也は高炉建設を計画し始めるけど、
大介の阪神銀行はメインバンクなのにお金を貸さない。
なぜなら恨んでいるからです。木村拓也はじゃあ誰にお金を借りるかというと
大同銀行の三雲(柳場敏郎)三雲さんも木村拓也を気に入っています。
しかし、三雲さんの思いとは反対に、
木村拓也が経営する阪神特殊鋼の業績は悪化する。
大手の取り引き先の停止や高炉建設での事故。
阪神特殊鋼は資金繰りが悪くなり
銀行からお金をさらに借りようとしますが
メインバンクの阪神銀行は貸してくれない。
大介が木村拓也を恨んでいるから、そして三雲さんから借りる。
そして、大介は思う。「阪神特殊鋼を利用して、大同銀行
(三雲さんが頭取の銀行)を合併できる。」
そして、阪神特殊鋼は資金繰りの悪化や
メインの阪神銀行がお金を貸してくれないので倒産。
阪神特殊鋼に貸し込んでいた大同銀行も経営が悪化し、
そこを大介は買収。とうとう大介は念願の
「小が大を呑む合併」に成功する。木村拓也は父が自分を踏み
台にして買収計画を立てていたことに気づく。
自殺へというのが今 ネタバレでささやかれていることです。

しかし、今 新しい結末が発覚しました

最終回みちゃったも~ん
[PR]

# by suneo070225 | 2007-02-25 19:11